引越し費用を安くする3つの方法を知らなくて大丈夫?

 

引越し比較の達人へようこそ

 

引越し社をどこにすれば良いのかわからないという方のためにこのサイトを公開しました。

なるべく一般の方でもわかりやすく

 

  • 安心して
  • 価格も安く

 

引越しできるような方法について紹介しています。

 

引越しのスケジュール

 

引越しのスケジュール

 

会社の転勤などといったことで突然引越しが決まる場合もあります。

この場合は仕方がないですが、できれば1ヶ月前から少しずつ準備をしていくとスムーズに引越しができると思います。

引越しが決まればすぐに行うこととしてはまず

 

「引越し社に見積もりをすること」

 

が必要となってきます。

 

  • 荷造り、梱包
  • 郵便局での転送届の申請
  • 電話、インターネットの手続き
  • 市役所への転出、転入届、印鑑登録届
  • 電気、水道、ガスの手続き
  • 銀行などの金融関係の住所変更手続き

 

を適切に行っていきます。

詳しくは以下のページに解説しています。

手続きなどが遅れたり、荷造りも遅れてくると後で日程がきつくなるので忙しくても少し辛抱して手続きは行っていきましょう。

 

参照

完全対策版!引越しのスケジュール管理はこうしよう!

引越しでの梱包のこれだけ!20つのコツ

引越しで行うべき11つの手続リスト

 

大手か中小か?

 

大手引越し社を徹底比較

 

テレビCMではシーズンとなるとよく引越し社の宣伝があります。

また地元でもCMはしていないものの中小の引越し社があります。

この大手と中小では

 

  • 価格は大手のほうが若干高めなこともある
  • しかしノウハウ、サービスの質、損傷時の補償能力などで大手のほうにメリットがある

 

といった違いがあります。

また引越し先との距離も重要なポイントで、県内なら中小で、それ以外は大手でという考え方もあります。

 

参照

大手引越し業者を徹底比較してみる

同一県内の引越しは大手と契約してはいけない?

 

引越し社に一括見積もりをしよう

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

相場よりも高い価格で契約をしないためには複数の業者から見積もりをとることが必須です。

 

  • 一括見積もりをすること
  • そのうち3社を候補として正式見積もりをすること
  • 1社と契約をすること

 

という流れがベストです。

いきなり1社にコンタクトをとれば、ライバル業者がいないということで費用が高くなる傾向があります。

そのため3社で見積もりを取ります。

そしてこの3社をある順番に並べて同日に見積もりすることで費用が安くすることができます。

もちろん見積もりは無料です。

 

参照

引越し費用を安くするために知っておきたい交渉術

引越しの見積もりでここだけはチェックしたいところ

 

良心的でサービスの質が高い引越し社と契約をしよう

 

良心的で安い引越し社を選ぼう

 

しかし安いというだけでは

 

「安かろう悪かろう」

 

となっていて逆に危険です。

一括見積もり、そして正式見積もりをした後は最後に迷えばその業者の口コミもチェックしましょう。

そして見積もり書などを参考に7つのポイントで契約するべき引越し社かどうかをチェックするようにすると良いでしょう。

 

引越し社の口コミを調べる方法

引越し業者の選び方での7つのポイント

 

新居のご近所さんに挨拶しよう

 

引越しではご近所さんにすぐに挨拶しよう

 

左右2軒、前3軒に挨拶をしましょう。

マンションの場合には、これに上下2軒、そして大家さんへも挨拶に行きます。

タイミングとしては引越し作業をする前がベストで、相場としては500~1000円程度の洗剤、タオル、お菓子などが無難です。

(大家さんへは1000~2000円の物が相場といわれています)

この挨拶があるかどうかというちょっとしたことで新居での新生活がかなり違ってくるのでまず行っておくべきといえると思います。

 

参照

引越しでの近所への挨拶での6つのポイント